港区の税理士費用相場について

月額の顧問料と年に1回行う決算対応料の二つが費用の大半を占めます。港区であれば資本金によって金額差を設けているところが多いですが、安くても年間50万円程度は必要です。

税理士事務所を利用する際のQ&A

費用を減らせる手段はありますか

相談回数を減らしたり、自信でやる作業を増やしたりするなど、税理士担当の作業を減らせれば費用が下がることがあります。

パソコンが使えないと手数料が上がりますか

パソコンの使用方法も教えてくれるところが多く、パソコンが使えないから費用が上がることは稀です。

個人の資産でも相談に乗ってくれますか

事業に関わる部分だけでなく、個人資産でも対応してくれる税理士がほとんどです。気になる場合は事前に確認しておきましょう。

決算業務のみ依頼することは可能ですか

毎月の顧問契約がなかったとしても、決算業務のみ請け負ってくれる税理士もたくさんいます。

土日休日の相談は可能ですか

営業している人を探すのが先決ですが、事前に相談しておくと特別に受けてくれるところもあります。

節税したいときは

電卓と書類

節税対策は一歩間違うと、税務署に目を付けられてしまい、より多くの税金を支払わなければいけないことにもなり得ます。だからといって、安全なことを重視して節税をしては、本来支払わなくてもよかったお金を支払うことになってしまうでしょう。もしも、安全なうえで、できる限り税金を節約したいなら税理士に頼んでやってもらいましょう。港区で営業している税理士なら、税務署に目を付けられないように考慮をして、最大限に節税を行ってくれます。もしも、目を付けられたとしても、税理士に頼めば税務署に対して説明してもらえるので、依頼者は税金に関する心配をする必要がなくなります。税理士への報酬以上の節税が見込める可能性もあるので、節約したいならまずは相談してみましょう。

無料相談を試そう

電卓と書類

税理士を利用したことがない方は、どのようなサービスなのかまったく分かっていないかもしれません。そのときは、有料ではなく、無料で相談ができる税理士を港区で探すことから始めてみましょう。制限時間は決まっていますが無料でいろいろなことを相談できるので、サービスの概要がハッキリと分かるはずです。活用をしてみて自身が使うべきサービスだと感じられたのなら、次は有料での契約をしてさらにお金のことを相談しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3